35坪4LDK玄関付近にワークスペースのある家の間取り図

今回は35坪4 LDK のワークスペースのある間取りの紹介です。

玄関ホールは3畳で最小限のスペースになっています。

そしてリビングの方にLDK が20畳って広いスペースになっています。
対面式キッチンでダイニングとリビングを十分に広くとれています。

そして玄関のすぐそばに玄関ホールに引き戸を開けるとつながる
ワークスペースが3畳あります。

こちらのワークスペースはリビングに対しても開放できるで
リビングと一体化することもできます。

基本的に仕事をするこじんまりとしたスペースのイメージで
会社で仕事したものを家に持ち込んでもいいし
それとは全く別のものに仕事の作業をするスペースをイメージしています。

例えばね昔の店舗付き住宅とかですね。

お店が一体化したような職人の家では
玄関先にいきなり工房のような一人だけの作業スペースがあって
そこのテーブルのスペースで何かものを作り続けるといった風景もありました。

現在でも玄関先でものづくりをすると言った方もいらっしゃると思います。
海外の路地に面するお店でもそういったイメージのスペースもあります。

玄関から入ってすぐ仕事場がある、
小さい作業スペースがあるといったイメージですね。

ですから何か仕事場に来客があった時にはここだけで済ます。
ここでも作成したものを見せてくださいなどの話をするたこともできます。

そしてリビングに通してお話をする場合もあるし
全くワークスペースの方だけで完結することもできます。

洗面トイレもワークスペースに繋がってるので
完結したという使い方もできます。

趣味の部屋にする方法はあると思いますが
特徴としてワークスペースはリビング玄関ホール両方つながっていること

階段を上っていくと寝室と子供部屋があります。

洋室6畳は一体化して後で仕切るとか
あるいは引き戸をつけておいていつでも仕切ることができる
ようにしておいて後で締める使い方をします。

南の方にも広いバルコニーテラスが付いています。

寝室にはウォークインクローゼットが3畳もあるので収納力も豊富になってます。

2階の方に洗面室とトイレもあるので
家族で使用するときの混雑も避けられてストレスの軽減になります。

階段は独立階段なのですが一度リビングを通過してから登っていく
というふうになるので必ず家族と顔合わせてから二階二に上がrます。

ですので家族のコミュニケーションが濃厚になる工夫がされています。

さらに空調的に仕切られているので夏冬の空気が漏れないプランニングになります。

今回は三畳の集中して仕事ができるスペースを確保して
リビングにも広げて一体化することもできるし
玄関から直接入ることもできるワークスペースが特徴でした。

玄関に自転車も収納できる土間のある家の間取り図

今回のプランは45坪5 LDK の土間のある間取りです。

敷地は北道路の想定で玄関ホールに入ると独立階段が見えて
少し視界が広がって広がりのある玄関になっています。

そして玄関ホールの土間のたたきの横に5畳の土間スペースがあります。

こちらの方は趣味のスペースに使ってもいいし
玄関から自転車を入れて自転車置き場のスペースになります。

最近の傾向としては電動自転車など高額な自転車があることから
外部の自転車置き場に置く場合と内部まで入れて収納したいと言う要望もあります。

アウトドア自転車とかですねそういったものを入れるために
土間スペースを作りたいという要望も結構多くなってきています。

そして LDK の方はダイニングとリビングのから庭に出れるような
大きな窓がついて明るくて開放的な間取りなってます。

和室6畳は板の間あり広いスペースでゲストルームに使うことができます。

洗面室と脱衣室は分かれています。

トイレの横に洗面台があるのでトイレを使用した後に使え便利になっています。

脱衣室の方には収納もあって扱いやすくなってます。

対面式キッチンの横にからも洗面所と脱衣室の方に行きやすくなってます。

洗濯機への距離が近くなるので家事動線がコンパクトになって
扱いやすい動線計画になります。

2階の方には10畳の広い寝室には広いウォークインクローゼット4畳がついています。

他に物入れがついています。

南の方に洋室6畳が二部屋あってこちらは子供部屋の想定になってます。

2階の方にも洗面室とトイレがありますので
洗面台が混雑して使えないといったことがなくなります。

3畳の納戸が二つあるので収納量がとても多い間取りになっています。

ベッドルーム方は全部南向きになって明るく
収納量も多く確保されて洗面台も二つあってトイレも二つあって
扱いやすい間取りになります。

北側にデッキ庭のある住宅の間取り図

今回紹介するのは39坪4 LDK の北側にデッキ庭のある間取り図です。

リビングの北のほうにデッキ庭があり、
ダイニングからも見ることができます。

リビングの影になるという形になりますが
南側のかんかん照りの明るいデッキよりは少し落ち着いた雰囲気になります。

反射の光を内部に取り込んで行くという形です。

玄関ホールの方はシューズクロークが3畳の広さで配置され
玄関土間とトホールから出入りできるようになっています 。

LDK の方が広くて24畳のスペースがあります。

対面式キッチンになっていてリビングの一角には学習コーナー
パソコンコーナー的なところがあります。

リビングとダイニングは緩やかつながって、
1つのスペースなのに別のスペースのような形になります。

キッチンは背面に収納と横にパントリー収納があります。

和室が6畳で南の方に窓があって独立した部屋になっています。

洗面室脱衣室はそれぞれ2畳で別々の部屋になり、
洗面室のすぐそばにトイレがあってト
イレを使ってすぐ幅の広い洗面室を使うことができるので便利です。

階段はリビング階段になっています。

デッキ庭を眺めながら2階に上がって
2階に上がって行くと南の方にベッドルームがあります。

寝室8畳はウォークインクローゼット3畳の収納があり、
子供部屋の想定の洋室は5帖と6帖に各部屋にクローゼットがついています。

2階のトイレは少し小さめになって洗面スペースもあります。
一階と二階で洗面台があるから混雑した時でも別々に使うことができます。

今回は北側の方に出来庭がある間取りの紹介でした。

ダイニングとリビングから少し反射の光を入れるような間取りになります。

玄関入って南の光を入れながらもデッキ庭に視界が開けるといった感じで
広さを感じられる間取りです。

広い部屋干しサンルームのある間取り図。ファミリークロゼット

今回のプランは39坪5 LDK のサンルームのある間取りです。

サンルームを入れて5 LDK で、実質は4 LDK にサンルーム付きといった感じになります。

想定している家族数は子供が二人と夫婦との四人暮らしぐらいです。

和室を個室にするとも子供3人といった家族構成でも住めると思います。

サンルームは室内の物干しを想定しています。
共働きとか忙しい場合は乾燥機を使っても良いと思います。

洗面脱衣室の洗濯機のところに乾燥機をつける例が多いですが
乾燥機付きの洗濯機を持っていても
洗面脱衣室に物干しが欲しいとかいう方も多です。

そうなるぐらいなら専用の物干し部屋を作ってしまうといった計画です。

サンルームには洗濯機からリビングを通って
階段を上ってすぐのところの南に物干しをする計画になっています。

1階の方にはリビングダイニング19畳に対面式キッチンで
キッチンのそばに洗面脱衣室3畳とファミリークローゼットがあります。

畳んだりアイロンかけしたあとにファミリークロゼットにいれます。

玄関ホールは3畳でトイレは音の問題で
リビングから少し離して配置してあります。

1.5畳のスペースで手洗いと収納があるのでゆったりしたスペースになります。
間接照明などを使って落ち着けるインテリアにしてもいいと思います。

シューズクローゼットが玄関にあり4畳ととても広いです。

和室の方は押入れと床の間があって引き戸を全開すると
リビングと一体化してリビングが広くなります。

リビング階段は暖気が上に上がらないように
扉で仕切るとた計画にしてあります。

階段を上っていくと六畳の部屋が2つ、8畳の寝室が一つあって
8畳の方にはウォークインクロゼットが3畳あります。

共用の納戸もあって、
洗面台も2階にあるので1階と2階に洗面とトイレがあり
混雑が避けられてストレスの軽減なります。

サンルームが意外に要望が多いのは、
天日干しするのが日本人の感覚として気持ちいいという感覚があると思うんですね。

洗濯して天日干しして清潔に保つのは何か生活の基盤みたいなところがあります。

ファミリークローゼットのある間取り図

今回紹介するプランは41坪4LDKのファミリークローゼットのある間取りになります。

2階の方に4.5畳の衣装部屋、ファミリークローゼットがあります。

予めパイプハンガーとか棚をつけてもいいし、
自分でタンスを持ち込んで中に配置すると言ったのでも良いと思います。

一階の玄関の方にはシューズクロークが2畳あります。

玄関土間からと玄関ホールから2箇所から出入りができます。

長いカウンターの下足箱もあります。

玄関入って西側の方には和室6畳が独立して配置されています。

縁側もあって押入れと床の間もついていて独立した客間ような形になっています。

東の方には18畳のリビングダイニングキッチンがあります。

対面式キッチンでキッチンからリビングとダイニングを見渡すことができます。

背面の収納も広くて、ねそして横にパントリー収納が2畳ついています。

洗面脱衣室が3畳浴室が2以上で洗面脱衣室の方は3畳の広さなので
収納を設けて使い勝手の良い状態になっています。

トイレは引き戸引き戸で、階段は独立階段で2階の方に上がっていきます。

2階の方に上がって行くと子供部屋の想定の洋室が6畳が2室あり、
各部屋にはクローゼットルームが1.5畳ついています。

そして先ほど説明したファミリークローゼットが4.5畳あります。

寝室には2畳のクローゼットルームがあります。
8畳の広さでそばにファミリークロゼットがあるのでそちらを使っても良いです。

2階にも洗面のスペースとトイレがあります。

洗面が一階と二階で2箇所あるので家族の利用が分散されて
混雑が避けられてストレスが解消されます。

トイレにも近いので手洗い等にも利用できます。

各部屋は2階もバルコニーの方に面していて、
南から明るい光が得られる日当たりの良い部屋になります。

一階の和室とリビングダイニングはそれぞれ南の庭に面して、
明るく快適なスペースになります。

建物の形状も長方形で2階のプランもシンプルになってるので
屋根形状もシンプルになります。

シンプルな平面形状であると家でもシンプルになるので
台風とか集中豪雨などの災害にの時に雨漏り等のリスクが軽減されていきます。

複雑な形状だとそれだけリスクも高まってくるので、
それと最近の傾向を見ると記録的な雨量との観測しているのと
強い風が吹いているニュースの映像も放送されています。

そういったのにも備えていくという意味で
シンプルな形状というのも求められてくるといったところです。

今回の間取りの特徴は2階にファミリークローゼットがある間取りです。

そして1階にシューズクロークやパントリー収納など収納も要所に配置されていて
縁側という日本もアイテムもあってバランスの良い住宅になっています。

玄関に談話スペースのある間取り図。2階に物干し室

今回紹介するのは38坪4 LDK の談話スペースのある間取りになります。

玄関ホールの奥に行くとリビングの方に繋がっていくんですが
玄関の南側に4.5畳の談話スペースがあります。

このスペースは玄関土間から続いているので談話
スペースの方には靴のまま入っていくことができます。

応接室とかそういうものがあった時代もあったのですけれども
今回のプランというのはその応接室のようなものが
玄関土間からそのまま入るといった仕様になっています。

玄関先で話すというよりは中に入ってちょっと腰をかけて話しましょうか
というような場合に使います。

玄関ホールにはトイレが配置されていますので
談話スペースからトイレも利用できるといった具合になっています。

リビングダイニングキッチンは21畳です。

キッチンの方は対面式でダイニングとリビング越しに南の庭を見ることができます。

和室4.5畳は LDK に引き戸で開放できるようになっています。

押入れと床の間も付いています。

洗面脱衣室は2畳、浴室は一坪タイプの2畳です。

2階にはリビング階段で登るようになっています。

階段下の方は収納にしてあります。

2階の方に登って行くと、上り終わってすぐのところ
南にサンルームが3.7畳の広さであります。

こちらで部屋干しをするといった設定になっています。
そしてサンルームのそばにはファミリークロゼット
クローゼットルームがついています。

こちらの方に家族jの衣類をしまうという形になります。

東の方には子供部屋の想定の洋室が5帖が二部屋あります。

各部屋にはクローゼットルームが付いています。

西側の方には寝室8畳があり、クローゼットが2つ付いています。

そして寝室の方は南のベランダの方に出ることができます。

1階のキッチンから洗面脱衣室の方に行くのも比較的スムーズに行けて
そこからすぐ階段を上って2階の物干し室に洗濯物を干す流れで
作業動線も比較的コンパクトにまとめられています。

サンルームで取り込んだ洗濯物は和室の方に持って行ってもいいですし
寝室の方で畳んだりアイロンがけして
またクロゼットに持っていくというのでも良いと思います。

今回の間取りの特徴は談話スペースがあるところと
2階にサンルームがあると言った間取りです。

談話スペースの方はまあ社交的な人のためにあるといった感じです。

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村