30坪4LDK階段で登る小屋裏収納のある家の間取り図

今回は30坪4LDK、2階建ての小屋裏収納のある間取りです。

北側の道路で北玄関になっています。

玄関を入っていくと南の方にリビングダイニングキッチンが17畳あります。

キッチンは対面式キッチンになっていて、
背面にパントリー収納が3畳のスペースで配置されています。

パントリー収納の方は玄関の土間からも入っていくことができるので
すぐ荷物を収納に入れることができます。

階段はリビング階段で上がって2階の方に行きます。
リビングには和室3畳、畳コーナーがあって、押入れ1畳がついています。

2階の方には南の方に4.5畳の子供部屋の設定の洋室が二部屋、
各部屋1帖のクローゼットがついています。

北側に8畳の寝室があります。

寝室には3畳のウォークインクローゼットがあります。

洗面脱衣のスペースとお風呂は2階に配置されていて、
ベッドルームに近い場所から行くことができるので便利な配置になっています。

階段で小屋裏収納に登っていくことができるようになっていて
屋根の高い部分を利用して収納スペースが取られています。

小屋裏収納は10畳のスペースがあって沢山のものを収納していくことができます。

また階段で登っていくことができるので、
大きなものや重い物などを運ぶのにも便利な間取りになっています。

間取りは総二階になっているので無駄な部分がなくて
30坪と面積も小さいのでローコストで建築可能な間取りです。

収納の多い家の間取り図

今回は36坪3LDKの間取りになります。
2階建てで北玄関から入って行きます。

玄関ホールの方は3畳ほどの広さで、
2.5畳のシューズクロークが玄関土間についています。

玄関の奥の方に南の庭が見えるような形になっていて
視界が南の方に通り抜けているので庭の方が見える開放的で
気分が良い効果が得られます。

洗面室と脱衣室と書かれており、洗面室の横にはトイレがあって、
トイレを使った後に洗面台すぐ使うことができます。

浴室の方は南側に配置され乾燥しやすい状態になっています。
脱衣室にも収納があります。

リビングダイニングキッチン20畳と広く、キッチンは対面式、
キッチンの背面収納も広くパントリー収納が1畳、
キッチンの横についているのでさらに収納量が確保されています。

2階の方へは独立階段で上っていくと、南に寝室8畳、
ウォークインクローゼット3畳あります。

子供部屋の想定の洋室は東側と南側に6畳があり、
南側の部屋にはウォークインクローゼットが付いています。

北側の方の洋室にはクローゼットと収納が1.5畳あります。

共用の物入れは廊下の方に納戸と物入れが7畳あります。

2階にも洗面とトイレがあるので、2階で身支度をすることができるのと
1階の洗面が混雑している場合、2階で身支度をすることができます。

寝室と子供部屋の南の方からはバルコニーテラスに出ることができます。
物干しなどは基本的に一階のデッキウッドデッキの方に出て干す計画です。

南側の駐車場を確保するために、北側の駐車場は並列駐車ではなく
L 字に配置して南の庭を広げることを重視して配置計画をしています。

30坪3LDKパントリー収納のある間取り図

今回紹介するのは30坪3LDKの西玄関の間取りです。

玄関を入ると1.5畳のシューズクロークがあります。
階段室と玄関ホールが一緒になっているので、
玄関ホールが広く見えます。

階段を下を利用してトイレを作っています。
そのぶん洗面脱衣室が広くなっており、
3畳のスペースで収納スペースもあります。

浴室は2畳一坪タイプ、
リビングダイニングキッチンは南側に配置されており、
18畳の広さになっています。

キッチン、ダイニングもリビングも南の庭に面して配置されています。

キッチンは対面式キッチンで背面の収納も広くて
パントリー収納が1畳キッチン脇に配置されています。

階段は独立階段で2階へ上がっていきます。
2階に上がると寝室8畳に広いウォークインクローゼット4畳がついています。

寝室から広いバルコニーに出ることができます。

子供部屋の想定の洋室は5畳の部屋と6畳の部屋、
それぞれクローゼットがついています。

2階にもトイレがあって一階と二階トイレがあるので
混雑することがなくてストレスの軽減になります。

バルコニーは東西に広く物干しにも便利な状態になっています。

コンパクトな間取りですがベッドルームも広くて、
洗面脱衣室も広くシューズクロークパントリーなども収納類も充実しています。
ウォークインクローゼットも広くなっています。

広いリビングの住宅の間取り図

今回は45坪4 LDK のリビングの広い間取りを紹介していきます。

こちらの間取りはシューズクロークそして家事室、パントリー、
リネン庫や2階にセカンドリビングとかウォークインクローゼットなど
収納なども広い間取りになっています。

敷地の方は南道路になっていて、南の方に庭が取られています。
側面の西側の方から玄関に入っていきます。

玄関ポーチの方は屋根付きの広い玄関になっていて、
玄関ホールに入っていくとシューズクロークが3畳があります。
玄関の土間とホール側から2箇所から出入りができて中で靴を脱ぐことができます。

リビングダイニングキッチンの方は26畳と広いスペースになっていて
リビングのところからリビング階段で二階上がっていくようになります。

リビングとダイニングの間のところにフリーなスペースがあって
リビングの一角に和室を作ってもプランとしては良かったんですが
広く開放することで多目的の用途に使っていきたいということがありました。

和室をあえて設けずに広くしたいという意図があります。

ダイニングの方、キッチンの方は対面式になっていて
キッチンの方から南の方の庭を見ることができます。

リビングからもデッキに出ることができて南に視界が開けています。
キッチン付近に家事室とパントリー収納が2.5畳あります。

キッチンの横に洗面室、トイレ、リネン庫が付いています。
脱衣室は収納もあって浴室2.5畳、1.25坪タイプの広いお風呂になっています。

リビングの方からは階段で登っていくと子供部屋の方が南に二部屋あります。
各部屋に1畳のクローゼットがついています。

またはセカンドリビングが7畳あって、こちらの方は仕切ることができます。

寝室の方は11帖と広くウォークインクローゼットが3.5畳付いています。
寝室には広いバルコニーテラスが付いています。

寝室に専用のルーフテラスが付いていて広く使うことができます。
空をスカッと見ると思います。

2階の窓っていうのは1階の窓と全く景色が違うので
2階の景色を想像しながら作ってのも大事になります。

外観から作るのもいいんですけれども中から見える風景は大事です。

リビング階段はこれってシースルーで開放的になってるので
リビングからも景色もダイニングに向けて開放的になって
キッチンからリビングも見えやすくなっています。

今回は外観は板張りですね。本物の板張りでもいいんですけれども
本物そっくりのサイディングもあり、耐久性もありおすすめです。

木の外観の間取りシミュレーション

50坪6LDK中庭のある家のあ間取り図

50坪6LDK の中庭のある間取りを紹介していきます。

敷地は北道路になっています。
北道路で駐車場並列3台を確保して
中庭を挟んでリビングダイニングが配置されてるようなプランになります。

玄関は北側の方北西の方から入っていきます。

シューズクロークは2畳あって玄関土間とホールから入れます。
リビングにはリビング収納もあって収納力があり片付けられるようになっています。

28畳で中庭を囲みながらダイニングとリビングが配置されているような
広いリビング LDK になります。

リビングの東側の方にはトイレ洗面、脱衣、浴室が配されています。
脱衣室の横にリネン庫1.5畳の収納があります。
浴室は1.25坪タイプで広いタイプになっています。

洗面室もトイレもゆったりして使いやすくなっています。

リビングとダイニングの間に学習コーナーカウンターがあります。
またリビング階段で2階へ上がるようになっています。

ダイニングの方は中庭が見れるようになっていて
対面式キッチンの背面に家事室3畳とパントリー収納が2畳あります。

リビングの方は中庭を見ながらテレビも見れるような形になります。
学習コーナーの付近から階段で登って2階の方に行きます。

2階にもトイレと洗面があって南の方には6畳の大きさの部屋が3部屋あります。
収納も広くて部屋数もあってね旦那さんの詳細書斎と
そして奥さんの家事室もしっかりとれてそれぞれの個室があります。

それからダイニングとリビングのスペースも分けられていて
居場所を色々確保していけるようなプランになります。

26坪2LDK狭い敷地に建つ小さな平屋の間取り図

今回の間取りは26坪2LDKの平屋の間取りになります。

敷地は北道路になっており、間口の狭い敷地になっています。
玄関を入っていくと3畳の広いシューズクロークがあります。

玄関土間と玄関ホールから2箇所から出入りができます。

シューズクロークの中で靴を脱ぐことができるので、
使い勝手も便利になっています。

シューズクロークの中で靴を脱ぐことで
玄関の所に靴が散乱しないといったことができます。

東に向けて寝室8畳のスペースがあります。

寝室にはウォークインクローゼット2.5畳かついています。

リビングダイニングキッチンは20畳で南の方に面して配置されています。

対面式キッチンでダイニングとリビングを見渡すことができます。

ダイニングとリビング両方に大きな掃き出し窓が付いていて、
南からふんだんに近い光を入れることができます。

平屋ですので上に部屋がありませんから天井も高くすることができます。
リビングダイニングキッチンに6畳の洋室があります。

引き戸を開放することでリビングと一体化することができます。

洋室にはウォークインクローゼットが付いています。

リビングと一体化することができるので
子供が小さい時は赤ちゃんを寝かせるベビーベッドを置く部屋にして
成長と共にお絵かきコーナーや遊具を置くスペース、
学習コーナー個室に変化していく、
子供の成長に合わせた使い方ができます。

また子供が独立後は趣味の部屋に使ったり、
ベッドの部屋に使ったりという用途にも使える
オールマイティな部屋になります。

ゲストルームとして使っても良いでしょう。

洗面室は広く収納のある3畳の部屋になります。
浴室は一坪2畳のタイプです。

トイレは廊下から出入りするようなタイプになります。

収納が足りない場合は小屋裏に収納を増やしていくこともできるでしょう。

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法