36坪4LDK自宅に仕事場のあるフリーランスの家の間取り図

今回紹介するのは36坪4LDK の自宅に仕事場のある間取り図になります。

リビングダイニングキッチンのすぐ横に仕切らない仕事場のスペースがあります。

こちらのスペースはリビングとダイニングから
階段を2段下がってね少し他の部屋よりもレベルが低いスペースです。

そのことで視覚的にエリア分けするという効果を狙っています。

30センチぐらい下げると目線のところにダイニングとリビングのフロアが
かなり近いところに来るとことになります。

広いLDKの一角にありながらすこしさがっていることで
仕事場にこもっているというような雰囲気を演出することができます。

こちらの間取りは西玄関になっていて西側の道路から
駐車場を通って西の玄関から入ってきます。

玄関を入るとシューズボックスがあって右側の方に土間収納があります。

仕事場に近い位置にトイレと洗面が配置されています。
洗面スペースも広く、トイレも手洗い付き収納とタンクレストイレになります。

仕事場からすぐ行くことができる配置計画になります。

リビングとダイニングの方は南のデッキ庭に面して明るく広く、
そして開放的で自然のあふれる庭にでていくようなプランになります。

東の方に脱衣室と浴室があり、
脱衣室の横には3畳のファミリークローゼットがあります。

こちらの方に下着とかですねいろんなものを収納していくことが可能になります。

リビング階段で二階の方に階段を上っていくと寝室8畳とウォークインクロゼット
さらに奥に共用の物入れと6畳の部屋とがあります。

道路側の方に洋室6帖が二部屋取られており、
南側の方には2畳の部屋干しのスペースもあります。

道路側の方は建物に遮られることありませんので
そちらの方に面して子供部屋の二部屋を配置し採光を確保してあります。

リビング階段になっているので、階段を降りてきてキッチンの横を通過して
脱衣室に入っていく形になってきます。

フリーランスの人の生活のパターンは会社勤めの方と変わってくるんですけれど
自分で決めて、仕事時間を切らないと区切りが付きませんから
リビングの一角に、さあ仕事しようという雰囲気の場所にがあり
ダイニングやリビングでちょっと休憩をとるといった感じになります。

事務所を借りた人かというのもいいと思いますけれども
今回は自宅に仕事場があるパターンの間取り図でした。

(36坪4LDK間取りシュミレーション)

45坪4LDKの部屋干し室のある間取り図

今回のプランは45坪4LDKの部屋干し室と
屋根付きの部屋干しスペースのある間取りです。

そしてこのプランはシューズクロークとか
個室の方に収納が非常に多く取られています。

収納を増やしながら遮音もしていきます。

部屋と部屋の間にクローゼットを挟んで
お互いの部屋の音が聞こえないように工夫がされています。

実際にマンションとかアパートは隣の音が気になったりとか
同様に自分の家の中でも隣の生活音が気になるといったことがあるかもしれません。
収納を挟むことによってすこしは音漏れを軽減できるでしょう。

1階の方ですが玄関ホールは東道路で東玄関から入ってきます。
シューズクロークの方は玄関とホールの所から2箇所から出入りします。

玄関土間からは靴を脱いで中に行くということもできるし
靴を並べることもできます。

シューズクロークがあることによって玄関のたたきに靴が
並びすぎるといったことが避けられます。

和室の方はリビングの方に開放できるようになっているのと同時に
玄関からもすぐ入れるのでゲストルーム的な使い方をすることもできます。

将来的に寝室にしても良いですし、足腰が弱くなった時でも
玄関からすぐ入れる部屋を提供することができます。

ですからゲストルームとかあとはリビング続きの茶の間とか
将来的な対応でオールマイティに使えるようになってるのが
この和室の特徴になります。

和室と洋室を悩まれてる方は結構いらっしゃるんですね。

フローリングにしてまたそれも多目的に使えていいっていうのがあるんですが
和室のメリットは畳にしてインテリアも和風にすることで
日本の文化にあったもの、雛飾りとかですね
着物とか漆の器などの日本の文化のものをより綺麗に見ること
より楽しむには和室のスタイルの方がより綺麗に見えたりします。

キッチンは対面式でリビングとダイニングを見渡すことができます。
キッチンから外に出れる勝手口もついてます。

ダイニングとリビングの南側は庭に出るような形になっています。

洗面室と脱衣は別れていて、キッチンから非常に近い位置に脱衣室と洗濯スペースがあるので家事動線もコンパクトにまとめられています。

そして部屋干しのスペースは洗濯スペースからすぐ行くことができます。

外に干したい時も屋根付きのデッキがあるので
こちらに干すことができます。

トイレから洗面の方が近いので、ぐトイレを使った後にすぐ手洗いをすることもできます。

バスも使っている時でもですね洗面と脱衣が分かれているので
他の人が着替えてるといた時でも洗面のスペースを使うことができます。

階段はリビング階段に近い形式で、引き戸で仕切られているので

冬場の暖気が暖かい空気が上に上がるということもない階段でありながら、
リビングを通って行って必ず家族と顔を合わせて2階に上がる動線計画になっています。

2階に上がっていくと部屋6畳のスペースが二部屋と寝室10畳の部屋があります。

部屋は南の広いバルコニーに出ることはができます。

2階には洗面スペースとトイレがあります。
1階と2階で別れてあるので別々で身支度ができます。

間取りはの長方形に近い形になっており
家もシンプルで雨漏りのリスクの少ないシンプルな屋根形状にすることができます。

壁の量も多く耐震的にも強い間取りになります。

47坪5LDKリビングに広い吹き抜けのある家の間取り図

今回紹介するのは47坪5LDKのビングに大きな吹き抜けのある間取りになります。
この間取りに特徴は LDK のリビングの部分が
リビング階段と一緒になっていて大きく吹き抜けています 。

2階の方にリビングの吹き抜けの部分があって上の方から光も入っています。
そして階段を登ってすぐのところにセカンドリビングがあって
そこからベッドルームに入っていくといった構成になっています。

リビングとダイニングのスペースは階段で分離されていますが
スペースとしては一緒のスペースになります。

ダイニングの方は天井が低くなっていますので
リビングと比較すると少し落ち着いたスペースになってきます。
リビングの方は上まで吹き抜けているという形になります。

そしてダイニングキッチンの方は奥の方に洗面脱衣室があります。
洗面脱衣室の方は東側の洋室と和室の方からも出入りがすることができます。

キッチンの方は背面の収納と横にパントリー収納が1.5畳あります。
階段下の収納はリビングから使うようにしておけば
リビングが片付けられる使い方ができると思います。

ダイニングのスペースは6人テーブルも置けるようなゆったりとした広さがあるので
全部の部屋に家族がいてもこのダイニングのところで
全員が座れるテーブル置くということも出来る間取りになります。

東の方の部屋は和室が6畳ありゲストルームのような使い方になります。
普段は書斎部屋に使ってもいいと思います。

玄関ホールはカウンター収納の他にシューズクロークがあります。
外で外で使ったものスポーツ用品とか靴とかも入れてきます。

階段で上がっていた2階はセカンリビングになります。
ソファーとテーブルを置いてもいいし
何も置かずにトレーニングルームに使ってもいいし
楽器おいても学習スペースにしてもいいと思います。

バルコニーに面しているので物干しに使うこともできます。

東の方には洋室6畳の部屋が二つあります。
各部屋にはクローゼットが付いています。

リビングの上部の照明は壁につける方法や天井にダウンライトのようなもの
シンプルに使って行く方法もあります。
上からぶら下げるペンダントのような照明で特注するっていう手もありです。

階段のデザインは手すりを好みのデザインすることによって
ダイニングとリビングの印象がだいぶ違います。

例えばすっきりした壁の手すりにする場合と鉄のアイアンの手すり
木の手すりにしてカントリー風に仕上げるということもできます。

ガラスの手すりとかアルミとかステンレスのデザインによって
インテリアが変わってくると思います。

空調については空気を撹拌するサーキュレーターをつけると
上の方にですねしまった空気を拡散して戻すということができます。

全体的な空気を流れさせる天井扇、プロペラみたいなので
それもインテリアになってくるのでいいと思います。

床暖房をつけていくことで吹き抜けの家でも暖かくすることができます。

37坪玄関と和室とお風呂から中庭が見える家の間取り図

今回のプランは37坪4LDKの中庭のある間取りの紹介です。

玄関ホールから中庭が見える形になります。

中庭と言っても3畳ほどの小さいもので
玄関ホールとは浴室から見えるといった感じになります。

一つの中庭で3方向から見えるので3度美味しいと言ったような感じになります。
玄関は南東方向から入ってきます。
シューズボックスの他に土間収納が1.2畳あります。

土間収納にスポーツ用品などをしまっておくことができます。

ですので収納量が多めにあるようになります。

玄関ホールから先ほどのデッキ庭を右側に見ながら
リビングダイニングに入っていきます。

LDK の方は18畳でキッチンからはダイニングとリビングを見渡せるようになります。

ダイニング越しに庭を見ることができます。

キッチンを中心に視界が開けます。

ダイニングも広くて6人掛けのテーブルが置けます。

ダイニングとリビングに掃き出し窓がついていて
ダイニングからもう庭に出ることができ
ビングからも庭に出ることができます。

リビングには和室4.5畳が隣接していて
和室には押入れが一畳の広さでついています。

キッチンは対面式で背面にパントリー収納が1.5畳あるので
収納量がさらに多めに確保されているといった状態になります。

リビング階段ではありませんけれども、
リビングダイニングを通ってから階段で2階へ上るプランになります。

引き戸で仕切られているので真冬の間、
LDKから2階へん暖かい空気が流れると言ったこともありません。

キッチンから行きやすい場所に脱衣室と洗面スペースと浴室があります。
トイレの近くに洗面台があるので、利用した後にすぐ使うことができます。

先ほどの浴室からデッキ中庭の方を見ながらくつろぐということできます。

階段で2階にのぼっていくと六畳の子供部屋と寝室8畳があります。
寝室は南のバルコニーのところに接して配置されています。

寝室にウォークインクローゼット3畳がついていて
子供部屋の想定の洋室にはクローゼットがあります。

トイレは1階と2階に2箇所配置されています。

東側の玄関に面している中庭の南側は高い建物のボリュームがないので
光が入りやすくなりますが残念ながら午後になってくる暗くなってきまが
午前中は十分光が入ってくるといった感じになります

玄関ホールからデッキを見て、和室に入ってからデッキを見て
浴室から庭を楽しむ間取りは外部空間を楽しむ住宅です。

ちょっとだけ外部空間を作ってあげるだけで
毎日出入りする時とかお風呂に入る時に楽しんで入れます。

お風呂なんかは寒い時でも熱いお風呂に入って少し外気にあたると
露店風呂のように気持ちが良いと言われています。

もちろん風を入れながらお風呂に入ることも楽しみになるでしょう。

マンションとかで絶対できないようなことが戸建住宅では可能になってきます。

今回の間取りは玄関から庭が見える家間取りの作り方の紹介でした。

リビングを見渡せる家事コーナーのある住宅の間取り図

今回のプランは41坪4LDKの家事コーナーのある間取りです。

この間取りの特徴はリビングの一角にオープンになっている
家事コーナーがあるということです。

こちらの方は主婦専用の奥さんのための部屋になっています。

閉じても良いのですけれども、オープンにしてあります。

家族の様子を見ながらお仕事ができるといった場所になります。

家計簿をつけるのでもいいですし
あるいはアイロンがけをするとか
いろんなことをするようになります。

自分の趣味のスペースにしてもいいと思います。

主婦の方だとダイニングのところで自分の仕事をするということを

すると
家族が帰ってきた時にこちらのダイニングを使いたいと場合に
一度片付けなければいけません。

片付けてまた再開する時にここに広げるといったことでは
中断して仕事ができない、まとまった時間にやりたいということに

なってしまいます。

仕事の途中で買い物に行かなければいけないとか
何か迎えに行かなければいけないとか
いろんな理由で中断しないのでその時も付けるというのは大変です

家事コーナーがあればもう自分の好きなように使ってもいいし
おきっぱなしにしてもいいわけですですので
他の場所が散らかると言ったことがなくて
快適な主婦専用のスペースになるという形になります。

間取りは玄関に入るとシューズクロークが大きく取られています。

こちらの方にはスポーツ用品とかいろんなものが入っていてます。
リビングダイニングに入って行くとリビングは広くLDKのところで

23畳の広さがあります。

キッチンとダイニングは一体化したような直線になっています。

カウンターとテーブルを造作で特注してもいいと思います。

アイランドキッチンになっているのでぐるぐる回ることができます

キッチンから各場所へいきやすいという感じになります。

ビング階段ではありませんけれども必ず家族と顔合わせてから2階

へ上がると言った動線計画になります。

引き戸を開けて中に入ると洗面室と脱衣室があります。

洗面室の奥の側にはトイレがあって、
トイレを使った後にすぐ手洗いとして使うこともできます。

浴室を扱ってる時に洗面室を使うこともできるので
洗面と脱衣が別になっているメリットがあります。

階段を上って2階に行くと南側に夫婦の寝室があり
洋室が3部屋、6畳の部屋が3部屋あります。

6畳の部屋には各部屋にクローゼットがあって新下の方はウォーク

トイレは1階と2階に2箇所あるので混雑するということが
避けることができます。

寝室を取って物干しバルコニー出るることができるという計画になります。

劇的に明るくなる、中庭のある二階建ての間取り図

今回紹介するのは44坪4 LDK の中庭のある二階建ての間取りです。

玄関ホールは南側に面していて玄関ホールを入ると
4.5畳の中庭が開けています。

3畳ぐらいの玄関ですが奥に視界が広がって
明るく開放的なスペースを得ることができています。

玄関ホールには3畳のシューズクロークがついていて
玄関土間とホールからと2箇所から出入りすることができます。

ホール側はフローリングのスペースがあるので
シューズクロークの中で靴を脱ぐということができます。

玄関ホールから東側に入って行くと南に窓がついた LDK が20畳の広さであります。

リビングの方は4 M ほどの天井の高さになっていて
ダイニングよりも天井が高くなっています。

2階建ての吹き抜けほど天井は高くありませんが1.5階ぐらいの感じになります。

キッチンからはダイニングとリビングを見渡すことができて
さらに中庭の方にも視界が広がるので開放的で明るいスペースになります。

南の方には和室が面していてこちらの方は押入れと床の間がついています。

独立した和室になりゲストルームに使用していくような感じになると思います。

和室を利用した方がトイレに行くときは中庭を見ながら通っていきます。

キッチンから洗面脱衣室脱衣室の方にも行きやすい形になっていて
中庭の周りをぐるぐる回る動線計画を作ることができています。

キッチン横の納戸はパントリーにも使えるし
洗面所の横にあるのでファミリークローゼット的な使い方もできます。

洗面室は3畳で収納も付いているので使い勝手の良い間取りになります。

階段は折り返し階段で、階段を上り下りする時に必ず中庭が見える
といった感じなので毎日家の中を移動する時に気分が非常に良い効果が得られます。

階段登っていくと外部空間が見えます。

南の方には洋室6畳が2つ付いて各部屋にはクローゼットが付いています。

物入れも廊下に面してあります。

書斎は北西の方向にあって4.5畳のスペースになります。

これは主人の部屋にしてもいいと思います。

書斎があることで家に帰って趣味のスペースにしてもいいし
会社の仕事を持ち込んでもいいし
旦那さんの仕事部屋にしてもいいと思います。

そのことで確実に収入とがアップする効果が得られていくと思います。

気分転換に使用しても仕事に良い影響があるんじゃないかと思います。

寝室は8畳で南側に窓がついています。

リビングの吹き抜けは1.5階の高さになっているので
バルコニーに光が入るのには影響しない高さになります。

リビングの上のスペースが高くなっていないので
寝室の方には程よく光が入ってきます。

しかも周りから見えないプライベートなバルコニーを得ることができています。

寝室から階段へ行くのにも子供部屋から階段に行って
書斎から降りる時でも中庭を感じながら通って行きます。

毎日の家の中を歩くと楽しい間取りになってきます。

トイレは1階と2階にあるので混雑が避けられます。

4.5畳の中庭を設けることで家の隅々まで明るい
暗がりのない空間が作っていくことができます 。

今回は中庭のある二階建ての間取りの紹介でした。

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村