9坪の小さな平屋の間取り図

今回は正方形になっている四角い平屋の間取りになります。

広さは9坪で極小の住宅プランです。

 

間取りはベッドルームとダイニングと洗面・トイレ、

玄関もコンパクトな広さのプランになってきます。

 

間取りの方は西玄関になっています。

こちらの方は東西反転してもらえば東玄関にもできるし

敷地によっては北側道路から入るプランにも使うことができます。

南の道路で使える間取りになってきます。

 

玄関ホールに入っていくと帰ってきてすぐ手を洗うことができます。

トイレに手洗いつけ、別に手洗いを設けてもいいと思います。

 

家に帰ってきて中に入る前に手洗い

 

洗面脱衣を大きくしたためベッドルーム、

寝室が7畳と4畳の部屋にはクローゼットが二つあります。

 

壁面に1.5m のキッチンと食器棚、冷蔵庫おいて

掃き出し窓が南についてて、キッチンに風抜き用の窓付けています。

寝室の方は南に窓、東にも窓がついています。

 

外観は寄棟になっており、

屋根の高い部分を利用して小屋裏収納をつくります。

家族で住む平屋の間取り図 25坪3LDK

 

今回紹介するのは25坪3LDK の平屋の間取りになります。

 

敷地は12M×16M になっており、南道路になっています。

 

南側に駐車場3台と庭を配置して

南に開けた間取りになっています。

 

駐車場が南側に2台配置されています.

 

玄関ホールはシューズボックスと

さらに1畳の子供収納があります.

 

玄関入ってすぐに手を洗う洗面スペースとトイレがあります.

 

洗面脱衣スペース分かれていて、

脱衣スペースは2畳浴室が2畳一坪タイプです。

 

リビングダイニングキッチンは18畳で対面式キッチンになっています。

 

リビングダイニングキッチンを中心に東側に6畳の洋室があって

クローゼットが2畳あります。

 

西側の方に六畳の洋室が2つあって

それぞれにクローゼットがついています。

 

リビングの天井は平屋の特徴を生かして天井高くして

ダイニングの上にロフト収納が設けてあります。

 

南側にウッドデッキのテラスがあって広い庭に面しています。

 

ウッドデッキのテラスに対して掃き出し窓がついており

南から明るい光をふんだんに入れることができています。

 

建物の形状は正方形に近い長方形で

耐震性にも有利な平屋の住宅ですので

構造的に強い住宅を得ることができています 。

 

 

一人暮らし用の平屋の間取り図 10坪1LDK

今回紹介するのは10坪1 LDK の平屋の間取りになります。

 

敷地は10 M×10 M になっており、南道路になっています。

 

南側に駐車場1台と庭を取って

10坪に抑えるために各部屋はコンパクトになっています。

 

玄関ホール入っていくとすぐ手が洗えるように

手洗い付きのトイレがあります。

 

リビングダイニングキッチンは9畳の広さです。

 

リビングダイニングキッチンから寝室と

そして洗面脱衣バスルームへ出入りすることができます。

 

寝室は4.3畳でウォークインクローゼットが1.8畳の広さでついています。

洗面室は1.5畳、浴室も1.5畳、0.75坪タイプの広さになっています。

 

一人で暮らすための平屋になってるのでコンパクトな間取りになっています。

 

キッチンは対面式キッチンでリビングを見渡せるようになっています。

リビングからウッドデッキの庭へ出ることができます。

 

単身者のためのスペースや別荘として使う、

あとは老後のための一人暮らしの部屋、

母屋の横に建つ離れなど、様々な用途に使える住宅です。

 

平屋の間取りのシュミレーションになっています。

 

寝室の方にベッド二つ置けば二人で暮らすことも可能になってきます。

 

こちらの方の間取りをアウトドアの楽しみのために

自然たっぷりの敷地に配置するのでもいいし

都市部に配置するのでもいいと思います。

 

マンションやアパートにない

庭付きの一人暮らしの間取りを手に入れることができます。

 

30坪4LDK階段で登る小屋裏収納のある家の間取り図

今回は30坪4LDK、2階建ての小屋裏収納のある間取りです。

北側の道路で北玄関になっています。

玄関を入っていくと南の方にリビングダイニングキッチンが17畳あります。

キッチンは対面式キッチンになっていて、
背面にパントリー収納が3畳のスペースで配置されています。

パントリー収納の方は玄関の土間からも入っていくことができるので
すぐ荷物を収納に入れることができます。

階段はリビング階段で上がって2階の方に行きます。
リビングには和室3畳、畳コーナーがあって、押入れ1畳がついています。

2階の方には南の方に4.5畳の子供部屋の設定の洋室が二部屋、
各部屋1帖のクローゼットがついています。

北側に8畳の寝室があります。

寝室には3畳のウォークインクローゼットがあります。

洗面脱衣のスペースとお風呂は2階に配置されていて、
ベッドルームに近い場所から行くことができるので便利な配置になっています。

階段で小屋裏収納に登っていくことができるようになっていて
屋根の高い部分を利用して収納スペースが取られています。

小屋裏収納は10畳のスペースがあって沢山のものを収納していくことができます。

また階段で登っていくことができるので、
大きなものや重い物などを運ぶのにも便利な間取りになっています。

間取りは総二階になっているので無駄な部分がなくて
30坪と面積も小さいのでローコストで建築可能な間取りです。

収納の多い家の間取り図

今回は36坪3LDKの間取りになります。
2階建てで北玄関から入って行きます。

玄関ホールの方は3畳ほどの広さで、
2.5畳のシューズクロークが玄関土間についています。

玄関の奥の方に南の庭が見えるような形になっていて
視界が南の方に通り抜けているので庭の方が見える開放的で
気分が良い効果が得られます。

洗面室と脱衣室と書かれており、洗面室の横にはトイレがあって、
トイレを使った後に洗面台すぐ使うことができます。

浴室の方は南側に配置され乾燥しやすい状態になっています。
脱衣室にも収納があります。

リビングダイニングキッチン20畳と広く、キッチンは対面式、
キッチンの背面収納も広くパントリー収納が1畳、
キッチンの横についているのでさらに収納量が確保されています。

2階の方へは独立階段で上っていくと、南に寝室8畳、
ウォークインクローゼット3畳あります。

子供部屋の想定の洋室は東側と南側に6畳があり、
南側の部屋にはウォークインクローゼットが付いています。

北側の方の洋室にはクローゼットと収納が1.5畳あります。

共用の物入れは廊下の方に納戸と物入れが7畳あります。

2階にも洗面とトイレがあるので、2階で身支度をすることができるのと
1階の洗面が混雑している場合、2階で身支度をすることができます。

寝室と子供部屋の南の方からはバルコニーテラスに出ることができます。
物干しなどは基本的に一階のデッキウッドデッキの方に出て干す計画です。

南側の駐車場を確保するために、北側の駐車場は並列駐車ではなく
L 字に配置して南の庭を広げることを重視して配置計画をしています。

30坪3LDKパントリー収納のある間取り図

今回紹介するのは30坪3LDKの西玄関の間取りです。

玄関を入ると1.5畳のシューズクロークがあります。
階段室と玄関ホールが一緒になっているので、
玄関ホールが広く見えます。

階段を下を利用してトイレを作っています。
そのぶん洗面脱衣室が広くなっており、
3畳のスペースで収納スペースもあります。

浴室は2畳一坪タイプ、
リビングダイニングキッチンは南側に配置されており、
18畳の広さになっています。

キッチン、ダイニングもリビングも南の庭に面して配置されています。

キッチンは対面式キッチンで背面の収納も広くて
パントリー収納が1畳キッチン脇に配置されています。

階段は独立階段で2階へ上がっていきます。
2階に上がると寝室8畳に広いウォークインクローゼット4畳がついています。

寝室から広いバルコニーに出ることができます。

子供部屋の想定の洋室は5畳の部屋と6畳の部屋、
それぞれクローゼットがついています。

2階にもトイレがあって一階と二階トイレがあるので
混雑することがなくてストレスの軽減になります。

バルコニーは東西に広く物干しにも便利な状態になっています。

コンパクトな間取りですがベッドルームも広くて、
洗面脱衣室も広くシューズクロークパントリーなども収納類も充実しています。
ウォークインクローゼットも広くなっています。

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法