家事室と学習コーナーのある家事動線の良い住宅の間取り図

今回のプランは44坪4 LDKの家事室と学習コーナーのある間取りです。
道路の方は東道路になっていて玄関ホールは東側から入ってきます。

玄関ポーチから入っていくとシューズクロークが3畳あります。
玄関の土間からと玄関のホール側から出入りができます。
中で靴を脱ぐことができるので玄関のホールに靴が散乱しなくなります。

階段は独立階段になっていて2階に上がっていきます。
そして玄関入ってすぐで洗面のスペースがあるので
すぐ手を洗ったり後はトイレをすぐ利用したりと便利な間取り図になっています。

こちらの方はキッチンの方からも行きやすいような動線が確保されていて
リビングからと帰ってきて玄関からと使いやすいように
2箇所からの動線が確保されています。

そして階段を中心にグルグルと回遊性があるので
移動距離が全体的に少ないというところが良い所になります。

リビングの一角には学習コーナーがあり、
リビングは23畳と非常に広いスペースになっています。

キッチンは対面式キッチンでバーカウンターになっていて
ハイチェアなど置いてこちらの方でも食事をするということが可能にです。

ダイニングのスペースも6人掛けの大きなテーブルを置けるくらい広く、
リビングもゆったりとしています。

リビングとダイニングのスペースが南側には庭があって
大きな掃き出し窓から庭に出ることができます。

ウッドデッキ庭とかをつけてさらに出やすいようにするというのもありだと思います。

和室6畳がリビングダイニングキッチンに対して開放できるようになっていて
引き戸をオープンにするとさらに30畳近いスペースになります。

対面式キッチンの横には家事室が2畳があります。
家事室の方は窓がありますけれども勝手口にしても良いと思います。

収納に使っても良いし主婦専用の作業スペースに使っても良いです。

キッチンから洗面を経由して脱衣室への方に行くことができて
こちらの方は洗濯機の方にすぐへ移動ができるので
家事動線も非常にコンパクトで使いやすい形になります。

お風呂にも行きやすい距離になってまとめられています。
また洗濯機から階段もすぐ登ることができる距離にあります。
2階の方に上がっていくと南の方に洋室6畳が2部屋あります。
こちらの方は子供部屋の想定になります。

各部屋にクローゼットが設けられていて
寝室の方は10畳と広いスペースになっています。

寝室は10畳の広いスペースに3畳のウォークインクローゼットがついています。
南の方には各部屋に掃き出し窓がついていてバルコニーに出ることができます。
布団や物干しなどをするのにも便利な間取りになっています。

子供部屋の予定の洋室と寝室、一階の和室、ダイニングリビング
全室南向きの明るいプランになっているので快適な間取りになっています。

2階の東の方に書斎2畳が取られていて、小さいですけれども
こちらの方はの専用のこもれる部屋になっています。

小さくあるだけでも旦那さんの方が家で仕事を整理したりできます。
夜に一人だけで作業したいという時に使えるスペースになります。

リビングの学習コーナーは昼は子供のお絵かきスペースとか
学習コーナーに使って夜は旦那さんの方が使うこともできます。
子供が学校に行ってる間は奥さんが家事スペースに使うこともできます。

洗面とトイレは2階にもあります。
1階の洗面とトイレを誰かが使っている 時でも2階を使うことができます。

収納は延べ床面積の12%くらいになっていてたくさん取られています。

キッチンのバーカウンターの様な場所で一人で食事したりとか
あるいは家事室など色んな所に居場所が確保されているので
使い勝手は良いのではないかなと思います。

部屋数の多い平屋の住宅の間取り図。44坪5LDK

今回のプランは44坪5LDKの平屋の間取りになります。

玄関ホールは北側になっていてシューズクロークとシューズボックスがあります。
道路は北道路の想定になっています。

玄関ホールの横には洋室6畳が2室あって各部屋にクローゼットがついています。
リビングダイニングキッチンは23畳と広く
キッチンはダイニングと直線で繋がるような配置になっています。

寝室は8畳でウォークインクローゼットが3.7畳と広く
脱衣室と寝室から使えるようなファミリークローゼットになっています。

寝室の南側にはサンルームが3.5畳あって部屋干しに使えるスペースになっています。
キッチンの横にはパントリー収納があって収納量を多くしています。

洗面室と脱衣室は分かれていて浴室を使っている時でも
洗面台が使えるのでストレスの軽減になります。
浴室は1.25坪タイプで洗い場の広いタイプになっています。

トイレは1.5畳と広くゆとりのあるスペースになっています。
手洗いカウンター収納もあって収納量も確保されています。

リビングの東側には和室6畳があって押入れと床の間がついています。
和室はリビングに対して引き戸でつながっており
放することによってリビングと一体化するので
リビングがさらに広く使うことになります。

平屋の間取りは2階がありませんので天井を高くすることができます。
また収納量が少ないなと思った時には小屋収納をつけることができるので
収納をさらに拡大することが可能になります。

リビングと和室とサンルームと南側の庭に面して
明るく広い間取りになっています。

リビング収納とパントリー収納のある住宅の間取り図

今回のプランは41坪4LDKリビング収納のある家の間取り図です。

そしてパントリー収納の広い間取りの紹介になっています。

プランの方の特徴ですけれども玄関に土間があって
さらにリビング収納があり、そしてキッチンの横にパントリー収納があります。

2階の方にも共用の物入れ、納戸が3畳あり、収納量の充実したプランです。

道路の方は南道路の想定になっていて、南の方に駐車場をとって
庭も広く確保できるような敷地になっています。

玄関ホールは奥に広いようなスペースになっていてか
土間スペースも広くて奥行きも広いので開放感のある玄関ホールになっています。

玄関には土間収納2畳とシューズボックスがあります。
カウンターにしても土間収納が広いので十分収納を確保できると思います。

土間収納の方にはベビーカーとやスポーツ用品など
バットやグローブなどの土のついたようなものを収納しておくことが可能です。

そしてリビングダイニングキッチンの方が20畳で
キッチンは対面式キッチンでダイニングとリビングを見渡すことができます。

帰ってきてすぐ使えるようにリビング収納があります。
こちらの方は例えば帰ってきて鞄を入れておくとか
コートを一緒に入れておくとか部屋まで行かずにすぐ片付けられます。

リビングに物が散乱しないというメリットがあります。
例えば雑誌とかを机の上に置いておくよりはちゃんと収納があれば
ちょっとしたコートや上着、洋服などもこちらの中に入れておけば
ソファーの上にだらしなくかかってるって事も避けられます。

せっかく作ったインテリアが綺麗に保てるというメリットがあります。

和室はリビングに接して配置され床の間と押入れがあります。
こちらは引戸を開放するとダイニングリビングダイニングと一体化するので
広がりのある LDK にすることができます。

こちらの和室の方もダイニングもリビングも南の広い庭に面して
掃き出し窓が付いているので明るく健康的なプランニングになっています。

キッチンの方ですが背面の収納も広い状態になっています。
またキッチン脇の横にパントリー収納が3畳あります。
こちらも収納とかいろんな用途に使っていくことができます。
また、勝手口がついているのでこちらの方風通しも良くすることができます。
勝手口は採風ドアとかですね風通しのよくできるドアがあるので
こもったようなスペースにはならずに済むことができます。

独立階段で2階に上がってきます。
トイレとか洗面は玄関ホール付近に配置されています。

階段上がっていってね2階の方にも洗面とトイレがあるので
ふさがることがなくストレスの軽減なって行きます。

寝室8畳でウォークインクローゼット3畳とクローゼット1畳の
4畳ぐらいの収納スペースになります。

全ての部屋は南の方に窓が付いていて全室南向きです。

廊下には物入れのスペースが1.5畳でさら納戸も3畳あります。
収納量の多い使い勝手の良いプランになってきます。

2階のプランは長方形でシンプルになっているので屋根形状も複雑化せずに
雨漏りのリスクのない家の形状を作っていくことが可能になります。

太陽光パネルを乗せるためにもこういった形状もいいかなといったところです。

今回は収納量の多い間取り、リビング収納とか 広いパントリー収納
2階に広い納戸のスペースなど使い勝手の良い間取りになります。

シューズクロークの広い住宅の間取り図

今回の間取りは41坪5LDKのプランになります。

道路は東側の想定になっており、東に並列駐車が可能です。

玄関ホールは3畳でシューズボックスがある他に
シューズクロークが3畳のスペースになっています。

シューズクロークからはキッチンの方に通り抜けられるようになっていて
玄関から運び入れた箱買いしたものなどをシューズクロークの中に
一時置きキッチンに運びれる事が可能になってきます。

リビングダイニングキッチンは22畳と広く、
リビングとダイニングのスペースは南の庭に面しています。

ダイニングとリビングそれぞれに大きな掃き出し窓がついていて
部屋の中を明るく風通しの良い状態にすることができます。

キッチンは対面式でダイニングとリビングを見渡すことができます。
また玄関の横にあったシューズクロークに隣接しています。

背面の収納も広く、収納量の非常に多い間取りになります。
和室4.5畳はリビングに隣接していて開放すると
リビングダイニングキッチンと一体化して広く使うことができます。

和室には押入れと床の間がついています。
洗面室と脱衣室は分かれており、
お風呂を誰かが利用している時にでも洗面台を使うことができます。

リビングダイニングキッチンの壁には壁面収納があり
少しでも収納を広く使おうといった配慮がされています。

トイレのそばに洗面台があるので
トイレを使った後にすぐ手洗いを使うことができます。

ベッドルームは2階に配置されており
寝室は8畳でウォークインクローゼットが3畳あります。
寝室から広いバルコニーテラスへ出ることができます。

また、子供部屋の想定の6畳の部屋の南にもバルコニーが面しており、
各ベッドルームには掃き出し窓がついています。

掃き出し窓から南のバルコニーに出ることができるので
布団を干したり物干しをすることができます。

2階にも洗面室とトイレがあり、一階が混雑して使えない時でも
2階の洗面やトイレを使うことができます。
書斎が3畳取られているので趣味の部屋に使う、
または仕事を持ち帰って家でするというのに使うことができます。

共用の納戸スペースが3畳の広さでさらに確保されているので
使い勝手の良い間取りになっています。

キッチン付近から階段にも近いので、
2階のベランダに物干しする移動の距離を少なくすることができ
家事動線をコンパクトにすることに成功しています。

リビングダイニングキッチンを必ず通って
階段に行かなければいけない配置計画になっているので
必ず顔を家族と合わせるということころで
コミュニケーションが濃厚なプランになっていきます。

リビング階段ではないので、冬場に階段とリビングを仕切ることが可能で
暖かい空気が二階へ昇って抜けるということは避けられます。

完全分離型二世帯住宅の間取り図

今回のプランは56坪完全分離の二世帯住宅の間取りになります。

完全分離型というのは玄関も別そして浴室も、そしてキッチン、
ベッドルームも全て親世帯と子供世帯で別に持っているというプランです。

今回のプランについては一階に玄関ホールが二つあって
2階の方が子供世帯そして1階の方が親世帯という風に
住み分けていく間取りになってきます。

一階の方が2LDK、実際にはまあ畳コーナー的になってるので1 LDK
2階の方には3LDKのプランになっています。

家族構成としては1階に親世帯の夫婦、
2階に子供世帯の夫婦と子供2人ぐらいを想定して作っています。

1階の親世帯の方の玄関の方には土間収納が付いていて
そしてシューズボックスもあります。

リビングダイニングキッチンの方に入って行くと17畳のスペースに
畳コーナーが4.5畳ついています。

畳コーナーの南側の方が細長い廊下兼縁側のようなスペースになっています。

ダイニングのスペースの方はリビングと一体化していて
対面式キッチンからダイニングとリビングの方を見渡すことができます。

さらに奥の和室4.5畳を見渡すことができます。

南側の方には掃き出し窓がついていて庭に出るということができます。

基本的に親世帯のベッドルームも1階にあってクローゼットのスペースもあり
リビング収納もある形になります。

1階に住んで行くので階段を上って移動するということはほとんどありません。
ですので上下の移動のない平屋のような使い方をします。

洗面室の横にはクローゼットがあって奥の方に引き戸のトイレの方があります。
脱衣室そして浴室2畳があり脱衣室の方には収納があります。

畳コーナーの方には押入れがあります。

子供部屋の方の入り口ですけれども土間収納があって
奥の方にコート掛けのようなクロゼットがあります。
またそれと別にシューズボックスがあって階段で2階に上がるという風になります。

基本的に入り口は親世帯と別になっているので完全に違う生活ができます。
一緒の敷地に住んでいるので何かあった時に
お互い助け合うという距離感で生活することができます。

2階の方は3LDK になっていて階段を上っていくと脱衣室と浴室へ
そしてトイレと洗面室の方があります。

リビングダイニングキッチンは19畳のスペースになっていて
ダイニングとリビングからですね各部屋に入っていく形になります。

廊下を極力少なくして有効に使える面積を増やしていくというイメージで
東の方には洋室6畳の子供部屋の想定を考えています。

東の部屋の方は引き戸でリビングに開放することができるので
あの子供が部屋を欲しがるまでの間、また独立した後のスペースとして
こちらの方を多目的に使うということができます。

例えば最初は遊び場として使ってだんだん勉強スペースに使って
それから個室にしていく、そして独立して大学に行った後は
社会人になって独立後にはこちらの方を使って趣味の部屋とか
ペットの部屋とかいろんな目的に使えるというような部屋になります。

キッチンの方はアイランド型になっていてぐるぐると
回遊できるような間取りになっていて
背面の収納も非常に広くそして背面にさらにパントリー収納があります。

また南の方にバルコニーテラスがあるので
リビングとそしてダイニングまた子供部屋の洋室二部屋の方は
南に大きな窓を取って明るい部屋にすることができます。

バルコニーに出て布団や洗濯物干すということもしやすくなっています。

2階の方の間取りの方は3階の方に部屋がありませんので天井を高くすることができます。
天井を高くしてモダンで開放的なインテリアを作っていくことが可能です。

こちらの間取りは56坪そして2 LDK+3LDK のプランで
総二階のプランになっています。

デッキ中庭のある平屋の住宅の間取り図


今回の間取りは34坪3LDKの平屋の間取りになります。

特徴はダイニングとリビングでデッキ庭を挟んでキッチンの方からも
デッキ庭を眺めることができるというのが特徴になります。

玄関ホールの方は東の方になっています。
東道路の想定で敷地が東道路に面して並列駐車で駐車場になっているために
駐車場を確保するために建物の形状は少しL字型になっています。

玄関ホールは広い形になっていて4畳ぐらいのスペースになっています。
玄関ホールにはシューズクロークがあって
物入れも2畳ぐらいのスペースがあり収納力のある玄関になります。

玄関ポーチと玄関のたたきの土間の部分なんですけれど
30CM 角度から45CM 角の大判のタイルなどを使用します。

自然の素材とか石とか天然石だと品質にばらつきがあるので
色がイメージではないなどトラブルも多くて掃除も意外に大変だったりします。

タイルの方がメンテナンスすぐでサッと拭けたりとかするので
タイルを使うことが多くなっています。

例えば白い石とか黒い土がついてなかなか取れないとか除が大変なことがあります。
土が上がりそうだなと思ったら目立たないグレーとか茶色とかにします。

玄関ホールの中入っていくと洋室6畳があって各部屋にクローゼットがついています。
幅の広い鏡の広い洗面台になってます。

トイレは引き戸で入っていくようになります。
洗面室と脱衣室は分かれているのでバスルームと
脱衣室を使っている時にも洗面台を使うことができます。

またトイレに近いのでトイレを使った後にすぐ洗面台を使えるというのも便利です。
寝室からも使えるベッドルームから近いのもなかなかいいところです。

東の方に寝室8畳の部屋があってウォークインローゼットが3畳あります。
中はまあ標準だとパイプハンガーと枕タナがあり、
箱とコート、洋服をかけるようになっています。
衣装ケースを入れるようになり、部分的に可動棚をつけてシャツも置けて便利です。
可動タナは例えばアクセサリーを置くためにガラスにしたりできます。

リビングダイニングキッチン入ってすぐデッキの方が開けて
扉を開けると視界が開けてきます。

キッチンの方からもデッキ庭がいつも見えるので
キッチンの方で作業しながら景色の良い所で作業ができて気持ちがよいです。

キッチンは背面の収納とパントリー収納が1.5畳あって
キッチンがから脱衣室の方にも行きやすいように導線が確保されています。

家事動線はキッチンから洗面バスは少し距離があるので
パントリーを通り抜けられるようにしてある状態です。

リビングの方が10畳くらいのスペースで LDKで23.5畳あります。
ダイニングの方は6畳くらいのスペースで他はキッチンのスペースになります。

リビングは少し広い感じになっていて南の方に庭に面しています。
洋室とリビングと掃き出し窓がついていて大きい窓になります。

老後の対応として寝室に車を横付けして車椅子やベッドを
ワゴン車からベッド降ろして入るとかという対応のために
駐車場付近の窓を掃き出し窓にしておくのがベストです。

平屋の間取りですので収納が足りない場合は
ロフト収納などを増やしていくことができます。

二階がないのでリビングとかダイニングの天井を高くすることができます。

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村