26坪2LDK狭い敷地に建つ小さな平屋の間取り図

今回の間取りは26坪2LDKの平屋の間取りになります。

敷地は北道路になっており、間口の狭い敷地になっています。
玄関を入っていくと3畳の広いシューズクロークがあります。

玄関土間と玄関ホールから2箇所から出入りができます。

シューズクロークの中で靴を脱ぐことができるので、
使い勝手も便利になっています。

シューズクロークの中で靴を脱ぐことで
玄関の所に靴が散乱しないといったことができます。

東に向けて寝室8畳のスペースがあります。

寝室にはウォークインクローゼット2.5畳かついています。

リビングダイニングキッチンは20畳で南の方に面して配置されています。

対面式キッチンでダイニングとリビングを見渡すことができます。

ダイニングとリビング両方に大きな掃き出し窓が付いていて、
南からふんだんに近い光を入れることができます。

平屋ですので上に部屋がありませんから天井も高くすることができます。
リビングダイニングキッチンに6畳の洋室があります。

引き戸を開放することでリビングと一体化することができます。

洋室にはウォークインクローゼットが付いています。

リビングと一体化することができるので
子供が小さい時は赤ちゃんを寝かせるベビーベッドを置く部屋にして
成長と共にお絵かきコーナーや遊具を置くスペース、
学習コーナー個室に変化していく、
子供の成長に合わせた使い方ができます。

また子供が独立後は趣味の部屋に使ったり、
ベッドの部屋に使ったりという用途にも使える
オールマイティな部屋になります。

ゲストルームとして使っても良いでしょう。

洗面室は広く収納のある3畳の部屋になります。
浴室は一坪2畳のタイプです。

トイレは廊下から出入りするようなタイプになります。

収納が足りない場合は小屋裏に収納を増やしていくこともできるでしょう。

引きこもりを防ぐ住宅の間取り図


今回紹介するのは34坪3LDKの2階建ての間取りになります。

玄関にシューズクロークが3畳、
玄関土間と玄関ホールから出入りすることができます。

リビングダイニングキッチンは20畳でキッチンは対面式になっています。

玄関ホールから入るとキッチンが見えます。
キッチンのそばには洗面脱衣室が広く3畳のスペースがあって
収納スペースがあります。

お風呂は2畳一坪タイプ

リビングダイニングキッチンを通って2階へ上がっていきます。
暖かい空気が上に行かないように階段室とリビングは
引き戸で仕切られています。

2階に上がっていくと東側に子供部屋の想定の洋室が6畳二部屋あります。
各部屋にはクローゼットが1畳ずつついています。

寝室は南側に8畳の広さで配置されています。
ウォークインクローゼットは3畳です。

2階にも1階トイレがあって2箇所あるので混雑しても
分散して使うことができます。

寝室の南側にはバルコニーテラスがあって物干しすることができます。
寝室を通って物干しテラスに行く動線計画になります。

階段下を利用してキッチンは収納量を増やすことができています.。
玄関ポーチも広くて敷地に駐車場を2台配置するのに便利な
L字型のプランになっています。

南と東の光をふんだんに採り入れる間取りになっています。

34坪と程よい大きさの家なので
購入しやすい価格帯で建築することが可能になってきます。

キッチンを通って2階へ上がる導線が特徴的で
必ず顔を合わせてから子供部屋に行くリビング階段のような間取りになります。

そのことで子どもと家族が濃厚なコミュニケーションがとれることを狙っています。

40坪4LDK収納の多い家の間取り図

40坪4LDKの収納の多い間取りを紹介していきます。

玄関に土間収納とクローゼットそしてリビングにリビング収納
さらに物入れがあって洗面室の方に小さな物入れがあります。

キッチン横にパントリーと2階の方に共用の納戸、
廊下に共用の収納などを設けています。

また寝室のウォークインクローゼット3.5畳と広くなっています。

敷地の方は西道路になっています。
ポーチの方が壁で囲まれたスペースになっていて
玄関ホールに入っていくとシューズボックスと土間収納があります。

シューズボックスだけだけではなくこちらをカウンター収納にして
広く見せて土間収納のをつけていく形になります。

土間収納があることによってベビーカーとか
スポーツ用品なども入れて行くことができます。

クローゼットの方はコートなどをかけておくこともできるし
その他いろんなものを入れていくことができます。

階段下も収納になっています。
そして洗面脱衣室の方は洗面台の横に収納があるだけではなく
ちょっとした着替えとかタオルなどを入れるリネン庫も設けてあります。

ダイニングの方から物入れを使うようになってますので
こちらを脱衣室側から使うという風にしても構わないと思います。

キッチンの方は対面式になっていて背面の収納も非常に広い状態になっています。
さらに脇にパントリー収納が一畳あります。

リビング収納があるのでこちらの方に雑誌とかダイレクトメールとか
いろんな散乱しそうなもの、薬とかを収納して行くことができます。

そのことによってテーブルなどに物が散乱しないということになるので
新築の綺麗なインテリアを維持していくということになっていきます。

和室はリビングダイニングに引き戸で開放できるので
さらにリビングが一体化して広く見えるといった効果を狙っています。

階段は独立階段で2階上がっています。
2階に上がっていくと南の方に 洋室6畳があり引き戸をつけてあります。
こちらは取り払うことによって大きな部屋として使うということができます。

共用の納戸が3畳確保されている取れているので収納が多くなっています。

2階にもトイレと洗面がありますので一階が混雑している時に
2階のトイレを使うということはできます。

寝室の方は9畳と広くてベッド以外にテーブルとか椅子を置くゆとりがあります。

ウォークインクローゼットが3.5畳と広いのでこちらの方に洋服だけでなく
布団とかいろんなものを納戸的に収納していくということが可能になってきます。

バルコニーの方は東西に長くそして奥行きも1.8 M ので広く使いやすく
物干しに便利な広さになっています。

屋根形状もシンプルになっており最近のゲリラ豪雨とか
雨量が非常に多い状態になっているので
シンプルな屋根をかけることによって
雨漏りなどのリスクを軽減していくことができます。

今回は切妻屋根にして可愛い感じにの外観にしてみています。
朱色の焼きが入ったような洋風の瓦をイメージしています。

主婦室のある家。パントリー収納、主婦室、家事コーナー、部屋干し室

今回の間取りは43坪4 LDK の主婦室のあるプランになります。

間取りの方は南玄関になっていて道路は西道路になっています。
西道路の方からグリルシャッターと扉のあるゲートをくぐって入ってきます。

玄関ポーチの横には駐輪場があります。
そして玄関ポーチから玄関に入っていくとシューズクロークと
ファミリークローゼットがあって中を通り抜けることができます。

中で靴を脱ぐことができるので、玄関に靴が散乱しないといった特徴があります。

玄関の方は帰ってきてすぐ手を洗ったりトイレを使ったりということができます。

また北側の方は緑で景色が良くなってるので窓をつけて
突き当たりの所でも光と緑が見えるようになっています。

リビングダイニングキッチンは L字型になっていて
キッチンはアイランド型になっています。

南側にダイニングのスペース6人掛けの置けるスペースがあって
リビングも広くなっています。

またキッチンの横にパントリー収納があります。
背面の収納も非常に広くて収納量があり、
さらにパントリーをつけている形になります。

勉強スペースやお絵かきとかするスペースにできる家事コーナー
作り付けのカウンターが置いてあります。

こちらの方は主婦専用にしてもいいし、
お父さんのパソコンスペースにしてもいいし
お絵かきコーナーが宿題スペースにしてもいいと思います。

廊下とキッチンの間に主婦専用の洋室があります。
キッチン側に大きく開放することができます。

主婦が家で仕事ができるといったイメージをしています。
在宅で何かパソコンで作業するとかそういったイメージです。

奥さんの家で作業するスペースを外から見えないように閉じることができます。

リビング階段登って2階に行きます。
こちらの方は2階に上がってすぐのところにランドリースペース
物干しのスペースとなてちます。

廊下から屋根付きのバルコニーへ出ることができます。

寝室8畳のスペースの手前に書斎コーナーがあって
ウォークインクローゼットがあります。

子供部屋の想定の洋室は道路側と南側に6畳の部屋があります。

洗面室と脱衣とが別れていて浴室が2畳あります。

トイレのそばに洗面台があり、
化粧ができるようにカウンターのところが座れるような形になります。

外観はあのガルバニウム鋼板を使用しています。
耐久性に優れているというところで採用しているというのがあります。

ガルバニウムの外観間取りシュミレーション

リビングダイニングが立体的につながる家の間取り図

今回のプランは42坪4LDKのリビングとダイニングを別の階にした間取り図です。

プランの特徴は通常LDK として間取りをすることが多いんですけれども
吹き抜けを使いながらダイニングのスペースからリビングを見下ろすような形で
上下の階にリビングダイニングを分けるプランになります。

階段のデザインをしながらダイニングからリビングを見下ろすというような
インテリアが面白いプランになってきますので見応えのあります。

通常は意識せずにLDKにまどめてしてしまいますが、
一階二階を利用してまた階段を絡めながら上下階で連続するようなプランになってきます。

玄関ホールの方は南側あり、シューズクロークは4畳と広いスペースになります。

こちらの4畳のスペースは中で靴を脱ぐことができますので
玄関から入って家族の玄関ホールにすることもできます。

シューズクロークの中で靴を脱ぐことができると
玄関のたたきのところに靴が散乱しないというのがありますので
いつも片付いた状態で使うことができます。

寝室8畳にはウォーインクロゼットが3畳あります。

リビングを中心にリビングの横に和室があったり
奥の方に脱衣室と洗面室トイレがあります。

洗面も幅が広く、脱衣室も広く収納があってさらにトイレも広いです。
手洗い付きカウンター収納があってゆったりめに作ってあります。

10年20年とゆったりとしたトイレでくつろぐことができます。

また廊下に物入れがあって階段下収納も使えて非常に便利です。
和室の方が6畳になっていてリビングに接しています。

とリビングと一体化できるのでさらにリビングを広くできます。

リビングは6畳ぐらい吹き抜けていて
階段室と一体化して2階のダイニングと繋がってきます。

ダイニングからもうリビングからもお互いのスペースを感じながら
違う場所にあるというような演出が可能になってきます。

キッチンの横に納戸スペースがありパントリーに使ってもよいでしょう。
子供用の想定の6畳の部屋が二部屋あって、それぞれにクローゼットがついています。
2階にも洗面とトイレがあるというようなプランになります。

ダイニングから南のバルコニーに出ることができて
吹き抜けに対しての窓を掃除することもできる便利な間取りになります。

ダイニングとリビングを分けて、立体的につながりを持っている間取り、
二階の景色が良い敷地には特におすすめの住宅プランです。

家事室と学習コーナーのある家事動線の良い住宅の間取り図

今回のプランは44坪4 LDKの家事室と学習コーナーのある間取りです。
道路の方は東道路になっていて玄関ホールは東側から入ってきます。

玄関ポーチから入っていくとシューズクロークが3畳あります。
玄関の土間からと玄関のホール側から出入りができます。
中で靴を脱ぐことができるので玄関のホールに靴が散乱しなくなります。

階段は独立階段になっていて2階に上がっていきます。
そして玄関入ってすぐで洗面のスペースがあるので
すぐ手を洗ったり後はトイレをすぐ利用したりと便利な間取り図になっています。

こちらの方はキッチンの方からも行きやすいような動線が確保されていて
リビングからと帰ってきて玄関からと使いやすいように
2箇所からの動線が確保されています。

そして階段を中心にグルグルと回遊性があるので
移動距離が全体的に少ないというところが良い所になります。

リビングの一角には学習コーナーがあり、
リビングは23畳と非常に広いスペースになっています。

キッチンは対面式キッチンでバーカウンターになっていて
ハイチェアなど置いてこちらの方でも食事をするということが可能にです。

ダイニングのスペースも6人掛けの大きなテーブルを置けるくらい広く、
リビングもゆったりとしています。

リビングとダイニングのスペースが南側には庭があって
大きな掃き出し窓から庭に出ることができます。

ウッドデッキ庭とかをつけてさらに出やすいようにするというのもありだと思います。

和室6畳がリビングダイニングキッチンに対して開放できるようになっていて
引き戸をオープンにするとさらに30畳近いスペースになります。

対面式キッチンの横には家事室が2畳があります。
家事室の方は窓がありますけれども勝手口にしても良いと思います。

収納に使っても良いし主婦専用の作業スペースに使っても良いです。

キッチンから洗面を経由して脱衣室への方に行くことができて
こちらの方は洗濯機の方にすぐへ移動ができるので
家事動線も非常にコンパクトで使いやすい形になります。

お風呂にも行きやすい距離になってまとめられています。
また洗濯機から階段もすぐ登ることができる距離にあります。
2階の方に上がっていくと南の方に洋室6畳が2部屋あります。
こちらの方は子供部屋の想定になります。

各部屋にクローゼットが設けられていて
寝室の方は10畳と広いスペースになっています。

寝室は10畳の広いスペースに3畳のウォークインクローゼットがついています。
南の方には各部屋に掃き出し窓がついていてバルコニーに出ることができます。
布団や物干しなどをするのにも便利な間取りになっています。

子供部屋の予定の洋室と寝室、一階の和室、ダイニングリビング
全室南向きの明るいプランになっているので快適な間取りになっています。

2階の東の方に書斎2畳が取られていて、小さいですけれども
こちらの方はの専用のこもれる部屋になっています。

小さくあるだけでも旦那さんの方が家で仕事を整理したりできます。
夜に一人だけで作業したいという時に使えるスペースになります。

リビングの学習コーナーは昼は子供のお絵かきスペースとか
学習コーナーに使って夜は旦那さんの方が使うこともできます。
子供が学校に行ってる間は奥さんが家事スペースに使うこともできます。

洗面とトイレは2階にもあります。
1階の洗面とトイレを誰かが使っている 時でも2階を使うことができます。

収納は延べ床面積の12%くらいになっていてたくさん取られています。

キッチンのバーカウンターの様な場所で一人で食事したりとか
あるいは家事室など色んな所に居場所が確保されているので
使い勝手は良いのではないかなと思います。

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法