デッキ中庭のある平屋の住宅の間取り図


今回の間取りは34坪3LDKの平屋の間取りになります。

特徴はダイニングとリビングでデッキ庭を挟んでキッチンの方からも
デッキ庭を眺めることができるというのが特徴になります。

玄関ホールの方は東の方になっています。
東道路の想定で敷地が東道路に面して並列駐車で駐車場になっているために
駐車場を確保するために建物の形状は少しL字型になっています。

玄関ホールは広い形になっていて4畳ぐらいのスペースになっています。
玄関ホールにはシューズクロークがあって
物入れも2畳ぐらいのスペースがあり収納力のある玄関になります。

玄関ポーチと玄関のたたきの土間の部分なんですけれど
30CM 角度から45CM 角の大判のタイルなどを使用します。

自然の素材とか石とか天然石だと品質にばらつきがあるので
色がイメージではないなどトラブルも多くて掃除も意外に大変だったりします。

タイルの方がメンテナンスすぐでサッと拭けたりとかするので
タイルを使うことが多くなっています。

例えば白い石とか黒い土がついてなかなか取れないとか除が大変なことがあります。
土が上がりそうだなと思ったら目立たないグレーとか茶色とかにします。

玄関ホールの中入っていくと洋室6畳があって各部屋にクローゼットがついています。
幅の広い鏡の広い洗面台になってます。

トイレは引き戸で入っていくようになります。
洗面室と脱衣室は分かれているのでバスルームと
脱衣室を使っている時にも洗面台を使うことができます。

またトイレに近いのでトイレを使った後にすぐ洗面台を使えるというのも便利です。
寝室からも使えるベッドルームから近いのもなかなかいいところです。

東の方に寝室8畳の部屋があってウォークインローゼットが3畳あります。
中はまあ標準だとパイプハンガーと枕タナがあり、
箱とコート、洋服をかけるようになっています。
衣装ケースを入れるようになり、部分的に可動棚をつけてシャツも置けて便利です。
可動タナは例えばアクセサリーを置くためにガラスにしたりできます。

リビングダイニングキッチン入ってすぐデッキの方が開けて
扉を開けると視界が開けてきます。

キッチンの方からもデッキ庭がいつも見えるので
キッチンの方で作業しながら景色の良い所で作業ができて気持ちがよいです。

キッチンは背面の収納とパントリー収納が1.5畳あって
キッチンがから脱衣室の方にも行きやすいように導線が確保されています。

家事動線はキッチンから洗面バスは少し距離があるので
パントリーを通り抜けられるようにしてある状態です。

リビングの方が10畳くらいのスペースで LDKで23.5畳あります。
ダイニングの方は6畳くらいのスペースで他はキッチンのスペースになります。

リビングは少し広い感じになっていて南の方に庭に面しています。
洋室とリビングと掃き出し窓がついていて大きい窓になります。

老後の対応として寝室に車を横付けして車椅子やベッドを
ワゴン車からベッド降ろして入るとかという対応のために
駐車場付近の窓を掃き出し窓にしておくのがベストです。

平屋の間取りですので収納が足りない場合は
ロフト収納などを増やしていくことができます。

二階がないのでリビングとかダイニングの天井を高くすることができます。

カテゴリー: 平屋 間取り,間取り 3LDK | Tags: , ,

家の間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村