ファミリークローゼットのある間取り図

今回紹介するプランは41坪4LDKのファミリークローゼットのある間取りになります。

2階の方に4.5畳の衣装部屋、ファミリークローゼットがあります。

予めパイプハンガーとか棚をつけてもいいし、
自分でタンスを持ち込んで中に配置すると言ったのでも良いと思います。

一階の玄関の方にはシューズクロークが2畳あります。

玄関土間からと玄関ホールから2箇所から出入りができます。

長いカウンターの下足箱もあります。

玄関入って西側の方には和室6畳が独立して配置されています。

縁側もあって押入れと床の間もついていて独立した客間ような形になっています。

東の方には18畳のリビングダイニングキッチンがあります。

対面式キッチンでキッチンからリビングとダイニングを見渡すことができます。

背面の収納も広くて、ねそして横にパントリー収納が2畳ついています。

洗面脱衣室が3畳浴室が2以上で洗面脱衣室の方は3畳の広さなので
収納を設けて使い勝手の良い状態になっています。

トイレは引き戸引き戸で、階段は独立階段で2階の方に上がっていきます。

2階の方に上がって行くと子供部屋の想定の洋室が6畳が2室あり、
各部屋にはクローゼットルームが1.5畳ついています。

そして先ほど説明したファミリークローゼットが4.5畳あります。

寝室には2畳のクローゼットルームがあります。
8畳の広さでそばにファミリークロゼットがあるのでそちらを使っても良いです。

2階にも洗面のスペースとトイレがあります。

洗面が一階と二階で2箇所あるので家族の利用が分散されて
混雑が避けられてストレスが解消されます。

トイレにも近いので手洗い等にも利用できます。

各部屋は2階もバルコニーの方に面していて、
南から明るい光が得られる日当たりの良い部屋になります。

一階の和室とリビングダイニングはそれぞれ南の庭に面して、
明るく快適なスペースになります。

建物の形状も長方形で2階のプランもシンプルになってるので
屋根形状もシンプルになります。

シンプルな平面形状であると家でもシンプルになるので
台風とか集中豪雨などの災害にの時に雨漏り等のリスクが軽減されていきます。

複雑な形状だとそれだけリスクも高まってくるので、
それと最近の傾向を見ると記録的な雨量との観測しているのと
強い風が吹いているニュースの映像も放送されています。

そういったのにも備えていくという意味で
シンプルな形状というのも求められてくるといったところです。

今回の間取りの特徴は2階にファミリークローゼットがある間取りです。

そして1階にシューズクロークやパントリー収納など収納も要所に配置されていて
縁側という日本もアイテムもあってバランスの良い住宅になっています。

カテゴリー: 間取り 4LDK,間取り シュミレーション,間取り図 | Tags: , ,

家の間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村