プライベートなデッキ庭のある間取り。背の高い目隠し

今回紹介していくのは40坪のデッキ庭のある間取りの紹介です。

特徴はリビングダイニングキッチンの前にデッキ庭があり
この庭が目隠し壁、背の高い壁で覆われていてプライベートなスペースになっています。

デッキにテーブルとか出したりできて外から見えないというのが特徴です。

南には洋室8畳クローゼット付き、
リビングも南に窓があってデッキ庭に出ることができます。

学習コーナーにカウンターがあって、
キッチンにから庭を眺めながら作業することができます。

背面の収納も幅広く、収納量も豊富です。

洗面室脱衣室は別れていて、脱衣室には収納があります。

玄関ホールは5畳の広さで奥に長い感じになってます。

カウンター式の下足箱は長くすっきりして美しいのではないかなと思います。

リビング階段を上っていくと2階には寝室8畳とインクローゼット
2階も洗面台とトイレがあるので混雑が避けられて使い勝手のいい間取りになっています。

子供部屋が2つあり、一つの方には1畳のクローゼット、
もう一つの方は2畳のウォークインクローゼットがついています。

寝室からは広い7.5畳のバルコニーに入ることができます。
広いので快適に物干しをすることができます。

バルコニーからはプライベートな庭を見下ろすことができます。

屋根形状は2階の間取り形状が長方形なのでシンプルで
単純で美しい屋根をかけることができます。

単純な形状の屋根はゲリラ豪雨とか、台風などの集中豪雨に耐えられるようになり
雨漏りのリスクが少ないような屋根になります。

最近の雨は非常に記録的なや災害をもたらしたりしてますので
よりシンプルな屋根形状も大切になってくるのかなって言ったところです。

このプランの最大の特徴はプライベートなデッキ庭があるということです。

大きさとしては10.5畳ぐらいのスペースです。

リビングとダイニングから繋がって、洋室8帖からも出れるという形で
目線的にも有効な庭になるのかなといったところです。

今回紹介して行ったのはプライベートなデッキ庭のある間取りでした。




カテゴリー: 間取り 40坪,間取り シュミレーション,間取り図 | Tags: , ,

家の間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村