リビングとダイニングが緩やかにわかれる家の間取り例

今回紹介する間取りは39坪5LDKの間取りの紹介です

特徴はリビングとダイニングところがエリア分けされてると言った参考例です

一体化してLDKを取ってしまうとキッチンから見渡せていいんですけれども

リビングとダイニングがなんとなく一体化して
広いけども別なスペースなっています。

今回のようにこのダイニングのスペースとリビングのスペースが
一緒のスペースだけどもなんとなく場所が分かれてるということで

リビングでテレビを見ていて
ダイニングで話をしてるということがしやすいようになります。

玄関ホールはカウンター式の下足箱があります
土間収納の方はスポーツ用品とか
外で外で使ったようなスケートボードとか
ういったものも収納しています。

キッチンは対面式キッチンでバックカウンター収納も広くて収納も多めです。

1階の7畳の洋室は寝室になります。
この部屋は親と同居のための部屋ですということもできます。

1階の7畳の部屋を親と親世帯の部屋にして
若夫婦子供夫婦と子供3人が二人の家族でも住むことができます。

2階の各部屋は子供が小さいころは使わないと
もったいない感じになるかもしれないです。

2階の方は趣味の部屋とかにして
入れ替えていくといった感じになるかもしれません。

階段ですが独立階段になってますけれども
必ずリビングを通っていかなければいけないので
キッチンから見える位置に必ず家族とのコミュニケーションが発生します。

家族の親密度が嫌でも上がるということで
引きこもり対策にいいなんていうこと言われてます。

効果がないとしても家族つががりが強くなるのは間違いないと思います。

カテゴリー: 間取り 5LDK,間取り シュミレーション,間取り図 | Tags: , ,

家の間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村