劇的に明るくなる、中庭のある二階建ての間取り図

今回紹介するのは44坪4 LDK の中庭のある二階建ての間取りです。

玄関ホールは南側に面していて玄関ホールを入ると
4.5畳の中庭が開けています。

3畳ぐらいの玄関ですが奥に視界が広がって
明るく開放的なスペースを得ることができています。

玄関ホールには3畳のシューズクロークがついていて
玄関土間とホールからと2箇所から出入りすることができます。

ホール側はフローリングのスペースがあるので
シューズクロークの中で靴を脱ぐということができます。

玄関ホールから東側に入って行くと南に窓がついた LDK が20畳の広さであります。

リビングの方は4 M ほどの天井の高さになっていて
ダイニングよりも天井が高くなっています。

2階建ての吹き抜けほど天井は高くありませんが1.5階ぐらいの感じになります。

キッチンからはダイニングとリビングを見渡すことができて
さらに中庭の方にも視界が広がるので開放的で明るいスペースになります。

南の方には和室が面していてこちらの方は押入れと床の間がついています。

独立した和室になりゲストルームに使用していくような感じになると思います。

和室を利用した方がトイレに行くときは中庭を見ながら通っていきます。

キッチンから洗面脱衣室脱衣室の方にも行きやすい形になっていて
中庭の周りをぐるぐる回る動線計画を作ることができています。

キッチン横の納戸はパントリーにも使えるし
洗面所の横にあるのでファミリークローゼット的な使い方もできます。

洗面室は3畳で収納も付いているので使い勝手の良い間取りになります。

階段は折り返し階段で、階段を上り下りする時に必ず中庭が見える
といった感じなので毎日家の中を移動する時に気分が非常に良い効果が得られます。

階段登っていくと外部空間が見えます。

南の方には洋室6畳が2つ付いて各部屋にはクローゼットが付いています。

物入れも廊下に面してあります。

書斎は北西の方向にあって4.5畳のスペースになります。

これは主人の部屋にしてもいいと思います。

書斎があることで家に帰って趣味のスペースにしてもいいし
会社の仕事を持ち込んでもいいし
旦那さんの仕事部屋にしてもいいと思います。

そのことで確実に収入とがアップする効果が得られていくと思います。

気分転換に使用しても仕事に良い影響があるんじゃないかと思います。

寝室は8畳で南側に窓がついています。

リビングの吹き抜けは1.5階の高さになっているので
バルコニーに光が入るのには影響しない高さになります。

リビングの上のスペースが高くなっていないので
寝室の方には程よく光が入ってきます。

しかも周りから見えないプライベートなバルコニーを得ることができています。

寝室から階段へ行くのにも子供部屋から階段に行って
書斎から降りる時でも中庭を感じながら通って行きます。

毎日の家の中を歩くと楽しい間取りになってきます。

トイレは1階と2階にあるので混雑が避けられます。

4.5畳の中庭を設けることで家の隅々まで明るい
暗がりのない空間が作っていくことができます 。

今回は中庭のある二階建ての間取りの紹介でした。




カテゴリー: 中庭のある家,間取り 4LDK,間取り シュミレーション | Tags: , ,

家の間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村