収納の多い間取り

33t4ldk11181f01

33t4ldk11182f

こちらの参考プランは一般的な南入りの敷地に建つ
33坪の延べ床面積の住宅です。

この規模の住宅の多くは4LDKの間取りが多くなっています。
家族の増減や移り変わりにも対応できるように、個室が3部屋と
和室が1部屋ある4LDKの間取りです。

玄関にはシューズクロークになる土間収納と洋服を収納するクロゼットがあります。
この収納は現在の分譲住宅においても流行の間取りになっています。

LDKは対面キッチンでオープンな形でリビングダイニングを広く見せるというのが主流になっています。
和室もリビングとのつながりを重視して、つながりのある和室、タタミコーナーとして

洗面所は大きければ大きいほどそれに越したことはありません。
バスルームが1坪、洗面脱衣が1坪は最低限欲しいラインです。
トイレも手洗いのスペースがあるような大きなトイレのほうが、
戸建てプランとしては思わしいところです。

二階の間取りですが、子供部屋になる部屋を南にする場合と、
寝室を南にする場合があります。
寝室を南にするのは物干しをしやすくするためです。

33t4ldk11181f02

同じ大きさで収納をさらに増やすのであれば
たとえば1階のキッチンに収納を増やしてみます。

和室を少し小さくして、階段収納を使いやすくするという方法もあるでしょう。

ついでにトイレ収納もつくってみます。
トイレットペーパーはトイレの手洗いカウンターの下へ置きます。

玄関のシューズクロークとクロゼットも行き来できるようにつなげます。

カテゴリー: 33坪 間取り,収納の多い間取り | Tags: , ,

家の間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村