家事動線に配慮した部屋干し室のある間取り図

参考のプランは33坪4LDKの物干し室のある間取り図です。

建物は総二階の間取りになり、
ローコスト住宅として建築が可能なプランです。

西道路の想定で西玄関の間取り図になります。

LDKと水周りが1階に配置され、
ベッドルームが4室で1階に1室2階に3室あります。

玄関にはシューズボックス収納とコート類を入れるクロゼットがあります。

玄関付近には洋室があり、ゲストルームや趣味の部屋、
子供部屋などに利用可能です。

リビングダイニングキッチンは南の庭に面して明るい部屋になります。

キッチンは対面式でキッチン付近に脱衣室や洗面室があります。

リビング階段で2階へ上がると直ぐに部屋干しのできる部屋が3畳あり、
室内で物干しができるようになっています。

キッチンから洗濯機、階段を登って物干しスペースまで
家事動線がコンパクトにまとめられています。

寝室は8畳で4畳の広いウォークインクロゼットがあります。

洗面室と脱衣室は分かれているので、
バスルーム使用時でも洗面台が利用できるので便利です。




カテゴリー: 33坪 間取り,間取り 人気,間取り 物干し室 | Tags: , ,

家の間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村