33坪4LDK老後二人で住む平屋の間取り図

今回紹介するのは33坪4LDKの北玄関の平屋の間取りになります。

玄関ホールを入ると2.5畳の広い土間収納があります。
そして下足箱もあるので収納量は豊富になっています。

玄関ホールを奥に進むと和室6畳があって押入れ一畳がついています。
こちらは客間としてゲストルームとして使います。

廊下の横には洗面室が1.5畳あり、幅の広い洗面台があります。

横にはトイレが1.5畳があり、ゆったりとした広いトイレで
タンクレストイレと手洗いカウンター収納があります。

洗面台の横には脱衣室2畳があって、その奥に浴室に2畳があります。

洗面台は脱衣室と浴室を使っている時でも使用することができるので
家族間のストレスが軽減されます。

リビングダイニングキッチンは17帖のスペースがあります。

対面式キッチンでダイニングとリビングを見渡すことができます。

リビングの南側には掃き出し窓がついていて庭に出ることができます。

リビングの横には和室8畳があります。

和室8畳には押入れ一畳と床の間が一畳があります。
こちらは客間としても普段使う部屋としても利用します。

和室はリビングに開放できる引き戸が付いているので
リビングと一体化して広い LDK にすることができます。

東側に洋室6帖が二部屋あります。

こちらの部屋は子供部屋の想定になり各部屋にはクローゼットが付いています。

キッチンの裏側には納戸1.5畳があって、共用の物入れに使ったり
パントリー収納に使ったりできます。

平屋の間取りですのでリビングダイニングの上の方は
屋根なりに天井を高くすることができます。

収量が少ないといった場合でも小屋裏収納を設けることもできます。

正方形に近い長方形ですので屋根形状もシンプルになり
外観が美しく構造的にも安定した耐震性の高い住宅になります。

また屋根形状がシンプルになることで雨風なども自然災害に耐えることができ
雨漏りのリスクを軽減することができます 。

カテゴリー: 33坪 間取り,平屋 間取り,間取り 4LDK | Tags: , ,

家の間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村