36坪4LDK自宅に仕事場のあるフリーランスの家の間取り図

今回紹介するのは36坪4LDK の自宅に仕事場のある間取り図になります。

リビングダイニングキッチンのすぐ横に仕切らない仕事場のスペースがあります。

こちらのスペースはリビングとダイニングから
階段を2段下がってね少し他の部屋よりもレベルが低いスペースです。

そのことで視覚的にエリア分けするという効果を狙っています。

30センチぐらい下げると目線のところにダイニングとリビングのフロアが
かなり近いところに来るとことになります。

広いLDKの一角にありながらすこしさがっていることで
仕事場にこもっているというような雰囲気を演出することができます。

こちらの間取りは西玄関になっていて西側の道路から
駐車場を通って西の玄関から入ってきます。

玄関を入るとシューズボックスがあって右側の方に土間収納があります。

仕事場に近い位置にトイレと洗面が配置されています。
洗面スペースも広く、トイレも手洗い付き収納とタンクレストイレになります。

仕事場からすぐ行くことができる配置計画になります。

リビングとダイニングの方は南のデッキ庭に面して明るく広く、
そして開放的で自然のあふれる庭にでていくようなプランになります。

東の方に脱衣室と浴室があり、
脱衣室の横には3畳のファミリークローゼットがあります。

こちらの方に下着とかですねいろんなものを収納していくことが可能になります。

リビング階段で二階の方に階段を上っていくと寝室8畳とウォークインクロゼット
さらに奥に共用の物入れと6畳の部屋とがあります。

道路側の方に洋室6帖が二部屋取られており、
南側の方には2畳の部屋干しのスペースもあります。

道路側の方は建物に遮られることありませんので
そちらの方に面して子供部屋の二部屋を配置し採光を確保してあります。

リビング階段になっているので、階段を降りてきてキッチンの横を通過して
脱衣室に入っていく形になってきます。

フリーランスの人の生活のパターンは会社勤めの方と変わってくるんですけれど
自分で決めて、仕事時間を切らないと区切りが付きませんから
リビングの一角に、さあ仕事しようという雰囲気の場所にがあり
ダイニングやリビングでちょっと休憩をとるといった感じになります。

事務所を借りた人かというのもいいと思いますけれども
今回は自宅に仕事場があるパターンの間取り図でした。

(36坪4LDK間取りシュミレーション)




カテゴリー: 間取り 4LDK,間取り シュミレーション,間取り 人気 | Tags: , ,

家の間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村