40坪5LDK部屋数の多い間取り

参考のプランは40坪5LDK西玄関の間取りです。

部屋数が多いということは
それだけいろいろなことに対応できるということ

家族が増えた場合でも
趣味の部屋が欲しくなった場合でも
急にゲストが訪ねてきた時も宿泊できます。

物があふれてどうにもならなかったら
一部屋を納戸としてクロゼットとして利用できます。

そして急に親と住むことになったりしても
部屋数があれば二世帯住宅に早変わり

リフォームをしなくても部屋数がカバーしてくれます。

部屋数を増やしたいときはまず廊下を減らすこと
廊下の面積が減ればそれだけ部屋の面積が増えます。

そして大きな部屋にこだわらないこと
小さな部屋でも個室であれば子供部屋だったら
その機能は満たします。

必要以上に大きい必要のない部屋は多いのです。

カテゴリー: 間取り シュミレーション,間取り 人気,間取り図 | Tags: , ,

家の間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

2000年より住宅の設計に携わる。注文住宅の難しい土地や要望など、様々な家を建築する一級建築士事務所主催。無料の間取り作成サービスも行っている。一級建築士

間取りの依頼方法

PVアクセスランキング にほんブログ村